食費 足りない

今月急な出費等で食費が足りずに朝・昼・夕食を抜かなければならない位にお金が無い時は、いつ抜くか、安いファーストフードでしのごうといった食費の節約をするのではなくキャッシングを利用して食事生活を変えたりしないようにしましょう。

 

っというのも、食事生活を変える事によって様々なデメリットがあるから。

 

例えば、今まであなたは自炊とまではいかないけども栄養に気を使っていた食事生活をしていたとしましょう。

 

で、食費が足りないからといってカップラーメンや激安ジャンクフードを口にすると体内で違和感を感じるようになります。

 

お腹を壊したり、頭が痛くなったり、体調不良になってしまったり、イライラするようになってしまったり、モチベーションが上がらなくなってしまったりします。

 

女性の場合は月経に影響が出たりスタイルが悪くなったり肌が荒れてしまうなんて可能性もあります。

 

食費が今月は足りないからっといって我慢した事によって体調が悪くなってしまい、次第に食生活がもっと悪くなったりして今までの調子で仕事が出来なくなる、プライベートが楽しめなくなるといった悪循環に陥ってしまう訳です。

 

普段から食費が足りずに食生活が乱れまくりというのであれば食生活そのものを見直す必要がありますが、一時的なものであれば食生活を変えるのではなく、カードローンキャッシングで一時的にお金を借りて今まで通りの生活を維持するようにしましょう。

 

カードローンやキャッシングは1万円から借りる事が出来ますので、あなたと同じように食費をどうにかしようと一時的に利用している人が多数います。

 

例えば30000円借りた場合、一ヶ月後に返済する金額は年率が20%(最近の消費者金融や銀行で金利20%は殆どありません)で計算したとしても30,500円です。]

 

たったの500円多めに払えばいいだけなんです。

 

この500円をとるか、食生活を一時的に悪化させるかどっちがいいかは火を見るより明らかです。消費者金融や銀行カードローンは申込からお金を借りるまでの操作が非常に簡単なので手軽にお金を借りる事ができます。

 

また、条件が揃えば無利息金利0円でお金を借りる事が出来ますし、必要なものはPCorスマートフォンと身分証明証のみ。

 

借りる額が50万円を超えれば収入証明も必要になりますが、担保や保証人は一切必要ありません。

 

一時的に食生活を変えるだけでも様々なデメリットが生じますが、一時的なカードローン・キャッシングであればデメリットは金利のみ。しかも30,000円程度であれば500円程度です。

 

最終的に決めるのはあなたですが、これからも今の健康な体を維持する為にもムリはしないようにしましょう。

 

無利息キャッシングできるカードローンも多くなってきたのでどうしても利息を払いたくないのであればこちらを参照してみてください。
失敗しない!無利息カードローンを選ぶ3つのポイント